メコン川クルーズ~ジャングルと小舟~

南国フルーツと生歌を堪能したあと、いよいよメコン川クルーズの本番です。

果樹園の奥の通路を通って、船着き場に向かいます。

その道沿いにも、いくつか見どころがありました。

ノニ

そのひとつがこの「ノニ」です。

最近、その栄養価が注目されており、

ノニ茶やノニジュースとして、日本でも数多く販売されています。

ノニ★健康茶 ノニ茶で有名な ノニジュース★お試しならコレ!!当店人気NO.1原液100%ノニジュ…

今流行の酵素やアミノ酸、中鎖脂肪酸、ポリフェノール類がたっぷり入っているそうですね。

赤道付近の南国に、多く自生しているそうです。

鶏

こちらは、鶏でしょうか。

くぼんだ所に体を寄せ合っています。

卵を温めているんでしょうか?

温めなくても良いくらいの気温だと思いますが(笑)

船着き場

船着き場

そして、船着き場に到着しました。

小さな船に、何人もの人を乗せて、水面をすいぃ~っと移動していきます。

まだ、午前中とはいえ、すでに正午近くなっていたので、

日差しは結構強くて、じりじりとした感じで照りつけてきます。

そんな日差し避けに、円錐形の傘を頭にかぶります。

蒸し暑さはどうにもなりませんが、日差しの問題はこれで解決です(^^)

船頭さんは、船の先頭と後ろにひとりずつで、長めのオールをうまく使って、

水面をすべるように進んでいきます。

手を伸ばせば届くくらいの所からジャングルが広がっていたり、

逆に民家が顔を出したりして、独特の雰囲気があります。

メコン川クルーズの最中は、本当にゆったりとした時間が流れていて、

世間を忘れてしまうような時間が過ごせます。

現地に行ってこその雰囲気ではありますが、

動画を撮影したので、その雰囲気の一部でも感じてもらえたらと思います。


バナナ

メコン川クルーズが終わって、船着き場を出た所に、こんな物がありました。

どうやらバナナのようなんですが、ものすごい数ですw

作られた物なのか、自生している物なのかわかりませんが、珍しいですね。

このあと、白虎の島まで乗ってきた船で戻り、

メコン川クルーズは終了となりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です