ドンコイ通りからベンタイン市場まで

ホテルへのチェックインを済ませ、夕食までホーチミン市内をぶらぶらすることにしました。

アジアンホテルが面したドンコイ通りから、ベンタイン市場に向かって歩きます。

ホテルから出ると、すでに雨はやんでいました。

ベトナムの雨季の雨は、1~2時間ほどでやんでしまうそうです。

しかも、朝はほとんど降ることは無く、午後に降るんだとか。

市民劇場

ホテルを出発して、まず最初に出会ったのは、市民劇場です。

市民劇場は、フランス統治時代に作られた建物で、アジアっぽく無い建物です。

正面は、広場のようになっており、時々イベントなども行われるようです。

もちろん、建物の中でもコンサートなどが行われています。

広場のようになっていることから、夜にはバイクが並んで、若者のたまり場にもなっているようです。

この市民劇場をの交差点を右折してまっすぐ行けば、ベンタイン市場に着きます。

ですが、バイクの交通量がすさまじいんです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

赤信号でも走り出すバイクも結構いて、大阪人よりもよっぽどせっかちかもしれません(笑)

大きな交差点でも、信号が無い交差点があって、

道路を渡るのに、決死の覚悟が必要ですwww

日本と違って、歩行者の優先度は無く、渡ろうとしていても平気でバイクや車が突っ込んできます。

最初は、正直、怖いんですが、慣れてくると、バイクの方がよけてくれるのがわかってきて、

だんだんと普通に渡れるようになってきます。

そもそも、日本の車道ほどスピードは出てないので、

もしぶつかったとしても、それほど大変なことになることは少ないようです。

途中にあった両替所で、日本円を1万円だけ両替しました。

1万円は、現地の通貨で207万ドン程度になります。

一気にお金持ちになった気分でした(笑)。

ドンを日本円に換算するときは、0を2つ取って、2で割ります。

基本の桁が多いので、あれ?500円?50円?みたいに時々混乱しましたw

ホーチミンは、日本円やクレジットカードが使える所が多いようなので、

様子見で1万円だけでしたが、最終的には、4人で3泊4日の旅程で、

両替したのは2万円だけでした。

ベンタイン市場

そんな感じで、必死に道路を渡りつつ、ベンタイン市場に到着しました。

ベンタイン市場内

市場の中は、ものすごい活気に包まれています。

そして、客引きもすごいです。

日本人観光客が多いからか、普通に日本語で「お兄さん、Tシャツ買って。」

なんて、声をかけられますし、お店とお店の間の通路もすれ違うのが大変なくらい

お店がぎっしり入っています。

初日で様子を見に来ただけなので、雰囲気を味わっただけなんですが、

後日、買い物をした経験から、

ベンタイン市場で買い物をするときは気をつけましょう。

相手が日本人だと思って、かなりふっかけてくるので、値段交渉は必須です。

スーパーで、事前に相場を見てから行くと、損しないと思います。

その後、ぶらぶらしながら晩ご飯を食べに行く道中、

フィギュア

こんなフィギュアを売っているお店がありました。

よく見ると、自転車のチェーンなど、廃材を使ったフィギュアのようです。

他にも、飛び出す絵本のように、開くと切り絵が立体的になるカード(?)を売っていたりして、

これがベトナムかぁ~と実感しました。

銅像

道中、こんな銅像もありました。

後ろの建物もフランスの建築ですね。

こんな景色が見られるのも、ベトナムならではだと思います(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です