奥丹波の森ツアー ~森でそうめん流し編~

素敵な森の朝食を終え、各がしばらく時間を過ごします。
散歩をしたり、しゃべったり、ゆったりした時間が流れていきます(^^)

そうこうしているうちに、このツアーの最後のイベントの時間が訪れました♪
そうめん流しです。

森に生えている竹を切ってきて、それを使ってそうめん流しの台?を自分たちで作ります。

竹の切り出しは、オーナーと準備万端のYさんが担当してくださいました。
これが切り出してきた竹です。
縦に半分に切るために、マーキングしています。

まずはオーナーが見本で竹をカット。

逆側は、Yさんが慣れた手つきで♪

真っ二つに切れたら、次は竹の節を除去していきます。
最初は金槌で軽く破壊(^^)

そして、残っている節をグラインダーで綺麗に取り除いていきます。
これでも、そうめんが流れるには引っかかる箇所があるので、のみで丁寧にケバが残らないようにして行きます。

そうして、そうめん流しの台が完成!!!
自分たちで作ると、これまた感動です♪

さあ、いよいよ水を流し、茹で揚がったそうめんを流します(^^)
さらさらと流れる水に、勢いよく流れてくるそうめん♪
涼やかな森で、さらに涼しさを感じながら食べる本格流しそうめん!
美味しさもひとしおです。

自然と会話も弾み、ワイワイと盛り上がります。
そんな森での時間も、ついに終わりがやってきます。

名残惜しく、後ろ髪引かれる思いで、奥丹波の森をあとにし、三和荘での温泉を再び楽しんでから帰ったのでした~♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です