バンサイ工芸訓練センター

バンサイ工芸訓練センター

アジアンテイクでニューハーフショーを堪能した翌日は、

同行者のタイの知り合いが観光に連れて行ってくれる

ということで、おまかせモードw

というか、どこへ行くのか何も教えてくれず、

連れて行かれるがままという感じでしたw

で、たどり着いたのがバンサイ工芸訓練センター。

実は、到着したときも、ここがどこなのか

さっぱりわかってませんでした。

最初に連れて行ってくれた場所が、

この建物なんですが、

写真に入りきらないくらいデカいw(゚ロ゚)w

入口にいるのが同行者なんですが、

そのサイズ感で比較してもらうと、

どれくらい大きい建物かわかると思います。

象の生け垣

右手を見ると、象の生け垣がありました。

出しっ放しのホースが何とも(笑)

他のお客さんの姿も全く見えず、

めっちゃ静かでしたw

建物の中に入ると、正面に階段があり、

左右にいろいろと展示されています。

布や生地が大半だったので、

僕はまったく興味なし(;^ω^)

ガラス細工

2階に上がると、ガラス細工などが展示されていました。

結構精密に作られているようです。

金の像

金の像

こんな金の像が2体、次いで飾られていました。

この像にまつわる話をしてもらったんですが、

すっかり忘れてしまいましたm(__)m

どうでもいいかもしれませんが、

この像の顔、ダウンタウンの浜田にそっくりだと思いません?(笑)

ガラス細工の鳳凰

ガラス細工

ガラス細工

ガラス細工の龍

ガラス細工の象の螺旋

その他にも様々なガラス細工がありました。

かなり細かく、この辺りはなかなか楽しめました♪

2階の逆側には、こんなオブジェが展示されていました。

んーー、何とも言えない(爆)

建物を出るとタイの国旗が風になびいていました。

象の生け垣

その下には、象の生け垣。

タイらしいですよね(^^)

工房

で、連れられるまま、工房へ。

休憩中

ちょうどお昼の休み時間のようで、

皆さんお昼寝中でしたw

ということで、一旦外に出て、他を見学します。

タイでも、昔は、こういった高床式の住居があって

こういったところに住んでいたようです。

生活用品らしいものも再現されていました。

時間も良い感じになったので、

先ほどの工房に戻り、見学させてもらいました。

そのあともいくつかある工房を見学しました。

ガラス工芸は、バーナーを使った細かい作業。

なかなか面白いですよね(^^)

その後も、工房を見学させていただきました。

全然人がいないので、穴場的スポットかも知れません。

興味があれば、ですけどw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です