一茶のこみちで温泉を満喫

長野での仕事を終えて、最終日は、一茶のこみち 美湯の宿に宿泊しました。

長野市から1時間かからずに到着しました。

お宿に入ると、待合スペースに通されました。

テーブルの上には、

鶴と亀

鶴と亀のこんな縁起の良さそうな折り紙(?)がありました。

太鼓

太鼓や

御神輿

御神輿、

鎧甲

鎧兜も置かれていました。(ボケた写真ですみません)

景色もとても良くて、この窓から

窓

こんな景色が見渡せました。

景色

眺望

チェックインを済ませ、部屋に荷物を置いて、すぐに食事です。

夕食

高まる期待に応えてくれたのは、この料理の数々(^^)

お鍋

お鍋も美味しかったんですが、

椎茸

この椎茸が素晴らしかった!!!

自分でひとつずつもいで、しっかり焼いていただきました。

傘を下にして焼いているとだんだんと汗をかいてきます。

そうなると食べ頃で、塩を少し付けていただくと、もう、全然

普段食べている椎茸とは違いました。

柔らかさと香ばしさ、そして口に広がる味(^^)

傘の部分を食べたあと、茎の部分も焼いていただきました。

こちらは、少し歯ごたえもあり、しっかりした感じでした。

この椎茸、なんとお持ち帰りできるというサービスにビックリ!

大事に持ち帰って、育てることにしました(^^)

お料理はその後も、

刺身

えびとまぐろと信州サーモンのお刺身、

そば

とろろそば、

煮物

煮物、

イワナ

イワナ、

お食事

お食事、

イチゴ

デザートのイチゴと続きました。

正直、椎茸のインパクトが強すぎましたが、

他のお料理も美味しくいただきました。

お腹が満たされてから、源泉100%という名湯に浸かりに行きました。

夜と朝で、男湯と女湯が入れ替わるシステムになっていて、

もちろん、翌朝も朝風呂を楽しんで、両方のお風呂を堪能しました。

片方は、露天風呂が檜のお風呂になっていて、

そこから階段が下に続いているんですが、行った先は鍵のかかった扉。

実はこの扉の向こうがもう片方の露天風呂で岩湯になっています。

桜の花びらが浮かぶ風流さも楽しみながら、

小林一茶もこのお湯に浸かりながら一句詠んだのか、と

柄にも無いことを考えたり(笑)

そんなゆったりとした時間を過ごしました。

夜は、仕事と旅の疲れを癒やそうと、マッサージをお願いしたんですが、

やってきたのは、60は越えていそうなおば(あ)ちゃん。。。

パワーも全然無いようで、ちょっと残念な感じでしたが、

まぁ、それも旅の醍醐味としておきましょう(^^)

朝食は、こんな感じで、豪華でした。

朝食

煮物

朝食を食べ終わり、部屋で一休みして、チェックアウト。

宿を出ると、来たときは気づかなかった足湯を発見!

足湯

足湯

泊まって良かった良いお宿です。

さて、後日談になりますが、持ち帰った椎茸がこんなに成長しました。

DSC_1010

これが翌朝の状態で、

椎茸翌夜

こちらが、翌夜の状態です。

もちろん、全て、美味しくいただきました\(^O^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です