初めての大英博物館

お土産屋さんを出て、最初の目的地、「大英博物館」を目指します。

ラッセルスクエアからはすぐ近くのはず、

と思って歩いて行くと、

大英博物館裏口

大英博物館裏口

こんな感じの入口がありました。

場所的にはここで合ってるはずですが、

どうも様子が違います。

そう、ここは裏口でした(笑)

来た道を少し引き返し、ぐるっと回ります。

大英博物館

大英博物館

これが、大英博物館の正面ですね!

到着したのは、現地時間で9時過ぎ。

人もまだ、まばらです。

寄付

寄付

大英博物館の入場料は無料。

代わりに、寄付をして下さい、ということのようですね。

グレートコート

グレートコート

そのまま中に進むと、天井がとても高く、

とても広い造りになっています。

騎馬の彫刻

騎馬の彫刻

羊の彫刻

羊の彫刻

浮遊する悪魔?

浮遊する悪魔?

モアイ?

モアイ?

背の高い彫刻

背の高い彫刻

実際に中に入ることができるのは、10時からなんですが、

このスペースだけでもいろいろな彫刻などが見られました。

モアイのような像もあって、これもなかなかの大きさ。

10時のオープン時間が近づいてくると、

徐々に人が増え始め、ドアが開くのを待つ人でいっぱいになってきました。

ロゼッタストーン

ロゼッタストーン

ついに10時をまわり、まず見に行ったのは、

入口から見て左側を入った所にある「ロゼッタストーン」。

エジプトの秘密がいろいろと解明されるきっかけとなった

3種類の文字が刻まれた石です。

この周りは、すでにかなりの人だかりになっていて、

写真を撮るのもかなり苦労しました。

彫刻

彫刻

その近くに、ラムセス2世像があるはずだったんですが、

どうやら修理中で入れなくなってたみたいです。

この像は、別のものみたいですw

エジプト壁画

エジプト壁画

エジプト壁画

エジプト壁画

虎?の像

虎?の像

壁画

壁画

彫刻

彫刻

巨大彫刻

巨大彫刻

この辺りのエリアには、彫刻や像、壁画など、

いろいろ展示されていました。

彫刻

欠けた彫刻

彫刻の一部

彫刻の一部

彫刻たち

彫刻たち

パルテノン神殿模型

パルテノン神殿模型

そのさらに奥には、パルテノン神殿に関する

彫刻が展示されていました。

現物の神殿は崩れてしまっていますが、

それを復元した模型もありました。

彫刻

彫刻

彫刻

彫刻

彫刻

彫刻

まだまだ、たくさんの彫刻があります。

彫刻

彫刻

階段を上がり、2階もいろいろと並んでました。

アジア系の彫刻や像などがたくさん!

ガネーシャ

ガネーシャ

そして、ガネーシャもいました。

そう、夢をかなえるゾウですw

参考:夢をかなえるゾウ

飾り

飾り

階段ホールにもきれいな飾りがあしらわれていました。

ミイラ

ミイラ

ミイラ

ミイラ

骨

ミイラや骨の展示もありました。

???

ウルのゲームボード

ウルのゲームボード

王墓から出土したいろいろな品物も展示されていました。

そのひとつがウルのゲームボード。

紀元前2600年頃という、とんでもない昔の遊び道具だそうです。

現存するだけでもすごいですよね!!!

1階の展示室

1階の展示室

まだまだ、見るところはあったんですが、

そろそろ移動しないと時間があまりない、

ということで、外に出ることに。

1時間で、ざーっと見たって感じで、

人もかなり多くて、ゆっくり見るって感じではなかったんですが、

なかなか楽しめました(^^)

大英博物館の行列

大英博物館の行列

で、外に出てみると、中に入るのを待っている

長蛇の列ができていましたw(゚ロ゚)w

さすがは大英博物館というところですよね!

もし、行かれる場合は、10時前には到着しておくことをお薦めします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です