今度はヘルシンキ空港でトラブル

10時間近いフライトを終え、関空からヘルシンキ空港に到着しました。

身体は意外と元気なようで、そんなに疲れたって感じはありませんでした。

とりあえず、トイレに、と行ってみると、

ヘルシンキ空港の男子トイレ

ヘルシンキ空港の男子トイレ

こんな感じのトイレだったんです。

日本のトイレと違うところがあるんですけど、わかります?

女性はわからないと思いますが。

答えは、高さ。

便器の位置が高いんですw(゚ロ゚)w

僕もあと10cm足が短かったら届かなかったかもしれません。

子どもは大変ですね。

これも文化の違いなんでしょうか。

面白いですね(^^)

ヘルシンキ空港

ヘルシンキ空港

日本時間なら22時半ごろだったんですが、

空港は、まだこんな明るさ。

7時間の時差は伊達じゃありませんw

そんな感じだったので、

関西国際空港で借りたイモトのWiFiを試してみたりしました。

飛行機の搭乗時間がだんだんと迫ってきていたんですが、

搭乗口の電光掲示には、違う表示が出ていて、

不安に思ったので、つたない英語で聞いてみると、

どうやら場所が違うということが判明w(゚ロ゚)w

急いで場所を移動して、本来の搭乗口までたどり着きました。

その搭乗口には、ロンドン行きの表示が出ていて、ホッと一息。

でも、全く搭乗案内が始まる様子がありません。

スタッフも画面を見ながら何かせわしなく話をしています。

トランシーバーで連絡を取っている様子もあります。

ふと、案内を表示していた電光掲示が消え、

行き先が変わってしまいました!

Σ(゚Д゚;エーッ!

すると、スタッフの方が説明に回り始め、

それを聞くと、どうやら搭乗口が変更になったようです。

何かトラブルがあったようで、出発時刻も1時間は遅れるような感じ。

やれやれだぜε- (´ー`*)フッ

という感じで、ひたすら待ち状態です。

WiFiは、結構容量制限が厳しいようで、

通信料が多いと、すぐにその制限に引っかかってしまうようです。

加えて、バッテリーの容量も気になったので、

スマホで遊ぶのも控えてたので、暇でしたね~w

で、結局、丸々1時間の遅れで、

ロンドン行きの飛行機が出発しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です