靖国神社をぶらり散歩

靖国神社

靖国神社

鮨 江戸時代で、美味しいお寿司をいただいたあと、

腹ごなしに靖国神社に散歩しにいきました。

靖国神社の喫煙所

靖国神社の喫煙所

境内の喫煙所案内図もありました。

神社といえど、しっかりと完全分煙になっています。

5ヶ所もあるので、結構多いように感じます。

大村益次郎銅像

大村益次郎銅像

最初の鳥居をくぐって、少し歩くと、

大村益次郎の銅像が建っています。

かなり背の高い銅像で、写真もこんな感じにしかとれませんでしたorz

この周辺では、フリーマーケットが行われてるようで、

シートを引いて、いろいろと売っている方がおられました。

靖国神社第二鳥居

靖国神社第二鳥居

銅像の横を通り過ぎ、また少し歩くと第二鳥居が見えてきます。

靖国神社境内案内図

靖国神社境内案内図

この第二鳥居の横に、境内案内図がありました。

靖国神社神門

靖国神社神門

第二鳥居を抜けると、大きな神門があります。

靖国神社拝殿

靖国神社拝殿

神門を過ぎ、さらに直進して、中門鳥居を過ぎると、

ついに靖国神社の拝殿です。

ここで、お参りをしました。

遊就館

遊就館

お参りを済ませたあとは、境内の北側にある

遊就館に行ってみました。

大東亜戦争七十年展

大東亜戦争七十年展

3月21日から12月8日まで

「大東亜戦争七十年展 最終章」が開催されいるようです。

この日はまだ1月下旬だったので、

今行くと、また違った内容の展示が見られるということでしょう。

零式艦上戦闘機52型

零式艦上戦闘機52型

館内玄関ホールには、零式艦上戦闘機52型が展示されていました。

いわゆるゼロ戦という愛称で親しまれる戦闘機です。

海軍に採用されたのが昭和15年で皇紀2600年だったことから、

その下二桁のゼロを取って、零式と名付けられたそうです。

格闘生能力と航続力は世界最強で、

ゼロ戦の中でも最も多く生産されたのがこの52型だそうです。

泰緬鉄道C56型31号機関車

泰緬鉄道C56型31号機関車

泰緬鉄道C56型31号機関車も展示されていました。

昭和11年に製造されて、石川県の七尾機関区を

走行していた機関車だそうです。

この31号機関車は、泰緬鉄道の開通式に参加し、

戦後はタイ国有鉄道で使われていたとのこと。

昭和52年に引退し、昭和54年に靖国神社に奉納されたそうです。

八九式十五糎加農砲

八九式十五糎加農砲

八九式十五糎加農砲(右)と九六式十五糎榴弾砲(左)です。

糎=せんち、加農砲=かのんほう、と読みます。

八九式十五糎加農砲は、開脚式装輪砲架を持つ、

長射程、大威力の火砲です。

砲身、砲架、それぞれを8トン牽引車で運ぶ

という移動だったそうです。

日本に現存する唯一の十五糎加農砲なんだそうです。

九六式十五糎榴弾砲は、移動力と強力な火力があり、

機械化砲兵と呼ばれていたそうです。

様々な戦地を渡り歩いてきた火砲のようですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です