根来寺の念珠作り

根来寺での念珠作りは、庭園の見える室内で行います。

庭園入口

この庭園拝観者入口から中にはいります。

外観

正面

庭園

庭園模様

建物の周りを囲んだ庭園は、

とてもきれいに手入れされ、

熊手を使った模様も描かれていました。

この建物のなかで、早速念珠作りです!!!

念珠(数珠)は、もともとは、真言を唱えるときに

数を数えるためのものなんだそうですが、

常に身につけることで厄除けのお守りの効果もあるそうです。

根来寺の念珠は、あらかじめ祈祷してあるそうですが、

念珠を作るときには、個別の願いを唱えながら、

一玉ずつ丁寧にひもに通して作り、

できあがったらご宝号を7回唱えて左腕に付けるとのこと。

念珠見本

まず、念珠の見本を手にとって、

自分の手首に合うサイズを決めます。

念珠の材料

念珠の材料と作り方の説明書きです。

まず白い玉にひもを通し、それから順に色玉(主玉)を通して行きます。

自分の手首のサイズ分色玉を通したら、

ひもを絞って固結びします。

そして、余ったひもを切り、結び目を主玉に入れて隠せば完成!

念珠完成!

これが完成した念珠です。

この白玉にはレンズが付いていて、中をのぞくと、

根来寺 興教大師

興教大師がおられます。

ありがたいことです(^^)

念珠ができあがったあと、しばらくは、

建物に差し込むあたたかい光を囲んで、

友人達と談笑していました♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です