京都観光のランチはいもぼうで

青蓮院門跡を散策すると、ちょうど13時ごろと、いい時間。

予約していた「いもぼう 平野家本店」に移動です。

知恩院

こちらが、知恩院なんですが、改修がなされていたようですね。

いもぼう平野家本店

そして、ついに到着。

いもぼう平野家本店

いもぼうの料理がディスプレイされており、

いもぼう看板

その隣には看板があります。

いもぼう入り口

さらに進み、いもぼうの入り口ののれんをくぐって中へ。

いもぼう店内

店内は、300年以上の歴史を感じさせないきれいさがありますが、

雰囲気はとても落ち着いた感じです。

いもぼう座敷

人数が結構いたので、一番奥の座敷に通されました。

とても雰囲気の良いお座敷です。

のり巻き

豆腐

漬物

汁物

お吸い物

いもぼう

この最後の写真のお料理がいもぼうです。

江戸時代に生み出された料理で、

徳川将軍に献上することなどから考え出されたそうです。

京都は山に囲まれていて、当時新鮮な魚はほとんど手に入りません。

となると、日持ちするように干物にしたりするわけですが、

その中でも特に日持ちするのが棒鱈でした。

いもぼうは、その棒鱈をつかって京都で採れるえびいもと合わせて

創り出されたという歴史のある料理です。

ご主人が丁寧にいもぼうにまつわるお話しをして下さいました。

このいもぼう平野家本店は、松本清張のドラマ「顔」の

撮影にも使われたそうで、

谷原章介もこのいもぼうを召し上がったそうです。

とてもヘルシーでしたが、美味しくいただきました。

近くにいもぼう平野家本家もありますが、

特に予約の時などは間違えないようにw

実は、このあとも予定があるにも関わらず、

あまりに居心地が良く、結構長居してしまいました(笑)

いもぼう平野家本店京料理 / 東山駅祇園四条駅三条京阪駅

昼総合点★★★★ 4.1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です