名古屋に寄ってひつまぶし

道の駅 富士川楽座から富士川SAに入り、

京都を目指してドライブです。

道の駅 富士川楽座を出たのが12時頃で、

せっかくだから、名古屋に寄ってひつまぶしを食べよう

ということになり、名古屋の「あつた蓬莱軒」に行くことにしました。

名古屋に着いたのは15時ごろで、

どうも松坂屋の駐車場はかなり並んでいるようだったので、

松坂屋の近くの駐車場に駐めました。

銅像

駐車場から松坂屋に歩く途中、こんな銅像がありました。

よく見てもらうとわかりますが、すべての銅像にハトが留まっています。

銅像と平和の象徴のコラボです。

縁起が良いですね(^^)

さて、さらにちょっと歩き、松坂屋のあつた蓬莱軒に到着しました。

あつた蓬莱軒の行列

15時10分ぐらいだったんですが、すごい行列!

ピークタイムは外しているはずなんですが、

やっぱりすごい人気ですね。

この写真の右手があつた蓬莱軒で、奥の入り口が行列の先頭です。

そこから手前に行列が伸び、通路を挟んだ側にうつり、

真ん中のモニュメントを囲むようにぐるっと行列が続き、

この写真を撮った位置まで行列が伸びているというわけです。

というわけで、待ちました。

まるまる1時間。。。

そして、いよいよ、ひつまぶしとご対面です♪

ひつまぶし

ひつまぶし

いやぁ、このうなぎの焼き加減と言い、神々しいですね(^^)

早速、ひつまぶしをしゃもじで4分割し、

その4分の1をそのままいただきます。

うなぎの香ばしさがふわっと広がり、

たれとごはんがそれに合わさって、美味しいです。

次の4分の1は、薬味と共に。

爽やかさというかさっぱり感が加わり、

また違ったひつまぶしの顔を味わえます。

次の4分の1は、お茶漬けです。

サラサラとしたまた別の料理へと変貌を遂げます。

これもまた美味しいです。

残った4分の1は、お好みでいただくんですが、

薬味でさっぱりといただきました。

お茶漬けの出汁も、食べ終わったお茶碗に入れ、

最後までいただきました。

やはり、あつた蓬莱軒、美味しいです(^^)

身も心も満足して、家路につきました。

あつた蓬莱軒 松坂屋店うなぎ / 矢場町駅栄駅(名古屋)栄町駅

昼総合点★★★★ 4.1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です