土俗村で参鶏湯

アワビのお粥で朝食を済ませたあと、

明洞の地下にあるメガネ屋さんに立ち寄りました。

かなり安くで、結構早く作ってもらえますし、

滞在中に間に合わなければ、もちろん日本に郵送してもらえます。

そのメガネ屋さんで5人乗りタクシーを呼んでもらって、

しかも行き先までしっかり伝えて交渉もしてくれました(^^)

行き先は、北村(プッチョン)です。

北村

韓国の古くからの街並みが残る伝統を感じる観光地です。

雑貨屋やマッコリの試飲をしているところもありましたが、

お店としてはそれくらいで、ゆっくり散策しても、

1時間もかからず周辺を回れます。

先ほどのタクシーに待ってもらっていたんですが、

待ち合わせまで時間が余ったので、カフェで一休み。

そのカフェが、なかなか良かったですね。

ホットチョコレート

ディスプレイもコーヒー豆が使ってありおしゃれでした。

コーヒー豆のディスプレイ

一休みを終えたら、いよいよ参鶏湯です!

土俗村看板

到着すると、ちょうどこの看板の下にかなりの行列が。

タクシーに、待ってもらうように交渉して、行列に並びます。

13時頃だったので、入れ替わりが多かったんですが、

それでも結構待ちました。

入口

ついに入口に到達♪

そして、来ました、参鶏湯!

参鶏湯

これは、通常の参鶏湯ですが、烏骨鶏を使った黒い参鶏湯も注文しました。

黒の方が少し濃厚な感じで、鶏の出汁もしっかり出ていて、とても美味しかったです。

寒い中並ぶだけの価値がありました♪

さらに、チヂミや鶏の丸焼きも注文しました。

チヂミ

チヂミはエビなどの海鮮の具もたっぷり入っていて、外カリ中ふわ。

鶏の丸焼きの焼き加減も最高で、皮のパリパリ感と

鶏肉の味がすごくいいです。

韓国に行ったら、是非食べに行ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です